ディスク容量

ディスク容量ディスク容量とは、ウェブサイト(ホームページ)容量と受信メール容量の許容値です。レンタルサーバーによってはそれぞれ別々に表記される事もありますが、通常ディスク容量と言えば、サイト容量とメール容量の合計値を表します。

ウェブサイトを作る場合、ディスク容量の許す限りサーバー上にサイトデータを置けます。また受信メールに関してはメールソフトで受信するとサーバー上からはなくなります。(サーバーに残す設定も可能です。)

レンタルサーバーのサイトではディスク容量の単位として、MB(メガバイト)やGB(ギガバイト)で表記しています。1MBの千倍が1GBです。

1,000MB = 1GB

テキスト中心のサイト運営においては、ディスク容量が100MBどころか50MBを超える事すらありません。しかしMovableTypeWordPressのようなサーバーインストール型のCMSの利用では、データベースを利用する為に普通のサイト運営よりもディスク容量を多く使います。また更新が極めて容易にできるためにサイト全体で100MB或いは1GB以上使う事も珍しくありません。(画像や動画を多くアップした場合)

いずれにしろ多くて困る事はないので、料金的にクリアできるなら少しでもディスク容量の多いレンタルサーバーを選んでおけばいいでしょう。

※稀にディスク容量が無制限というレンタルサーバー業者があります。しかし物理的に無制限というのはあり得ません!この表現は利用者に誤解を与えるものです。どうしても気になる場合はサポートに尋ねてみれば実際の上限値、限界値を教えてくれると思います。

⇒ 1G以上の容量があるレンタルサーバー
⇒ 3G以上の容量があるレンタルサーバー
⇒ 5G以上の容量があるレンタルサーバー
⇒ 10G以上の容量があるレンタルサーバー

関連記事
レンタルサーバーで必要なディスク容量の計算方法

- レンタルサーバー検索 -
■ディスク容量:
MB以上
※1GB=1000MB
■メールアカウント:
個以上
※「999」=無制限で検索
■初期設定料金:
円以下
※カンマを入力せずに
■月額料金:
円以下
■初年度料金:
円以下
■2年目以降料金:
円以下


無料お試し期間がある
独自ドメインが使える
複数ドメインが使える
サブドメインが使える
MovableTypeが使える
WordPressが使える
MySQLが使える
PostgreSQLが使える
Perl が使える
PHPが使える
.htaccessが使える
ImageMagickが使える
SSHが使える
転送量の制限値を明記
ウィルスメール駆除がある
迷惑メールフィルタがある
メール転送機能が使える
自動返信メールが使える
ウェブメールが使える
メーリングリストが使える
銀行払い
クレジットカード払い
コンビニ払い
郵便局払い
メールサポート
電話サポート
FAXサポート
チャットサポート
・サーバー種別 :
共用 仮想専用 指定無
・サーバーOS :
UNIX Win 指定無
・サーバー設置場所 :
国内 海外 指定無
レンタルサーバーDB検索 > 用語集 > ディスク容量 ↑先頭