データ転送量

データ転送量とはウェブページの閲覧やメールの送受信、FTPでのファイル送受信などサーバーとクライアントパソコン(利用者)の間で転送される全てのデータ量のことです。

個人でレンタルサーバーを利用する場合、最も気をつけたいのはウェブページの閲覧です。

これはレンタルサーバーに置いてあるサイトデータにアクセスする時に、ウェブサーバーから転送されるデータ量のことです。トラフィックとも呼ばれます。

当然アクセスの多いサイト程多くなります。アクセスが集中するとサーバーに高負荷が掛かりパフォーマンスの低下を招きます。その為どのレンタルサーバーでも転送量に制限を設けています。

制限をオーバーした場合は警告された後、改善が見込めなければ強制的にアカウント停止になります。また稀に超過転送量に応じて課金されるレンタルサーバーもあります。

転送量を無制限と表記しているレンタルサーバーもありますが、物理的にそれが不可能なことは誰でも理解できるでしょう。世界中探しても自社が抱えるネット接続回線(バックボーン)を無制限に使わせる事業者などありません!誤解しないようにしましょう。

当サイトのデータベースでは各レンタルサーバーの転送量制限を紹介するのに、制限値を明記するか、もしくは"明記なし"と表記しています。

"明記なし"と紹介しているレンタルサーバーでも多くの場合、本サイト上では転送量を"無制限"とうたっています。しかし既に説明したとおり無制限はあり得ません。無制限をうたっていても制限は確実に存在しますので、誤解を与えない為に"無制限"という表記は控えています。

⇒ 転送量の制限値を明記しているレンタルサーバー

関連記事
レンタルサーバーでの転送量の計算方法

SSH
→ データ転送量
- レンタルサーバー検索 -
■ディスク容量:
MB以上
※1GB=1000MB
■メールアカウント:
個以上
※「999」=無制限で検索
■初期設定料金:
円以下
※カンマを入力せずに
■月額料金:
円以下
■初年度料金:
円以下
■2年目以降料金:
円以下


無料お試し期間がある
独自ドメインが使える
複数ドメインが使える
サブドメインが使える
MovableTypeが使える
WordPressが使える
MySQLが使える
PostgreSQLが使える
Perl が使える
PHPが使える
.htaccessが使える
ImageMagickが使える
SSHが使える
転送量の制限値を明記
ウィルスメール駆除がある
迷惑メールフィルタがある
メール転送機能が使える
自動返信メールが使える
ウェブメールが使える
メーリングリストが使える
銀行払い
クレジットカード払い
コンビニ払い
郵便局払い
メールサポート
電話サポート
FAXサポート
チャットサポート
・サーバー種別 :
共用 仮想専用 指定無
・サーバーOS :
UNIX Win 指定無
・サーバー設置場所 :
国内 海外 指定無
レンタルサーバーDB検索 > 用語集 > データ転送量 ↑先頭