サブドメイン

サブドメインとは独自ドメインの付加的なアドレス形式です。レンタルサーバーによってはサブドメイン形式のサイトアドレス(URL)、メールアドレスが利用できます。

ドメインは右から大分類 ⇒ 中分類 ⇒ 小分類とドット( . )で区切られて順番に並んでいます。分類が小さくなるほどアドレスが絞り込まれていき、ドメインが機能するようになっています。このような関係上( . )の左側は全てサブ(子分類)ドメインとなります。

※ ドットの左側は全てサブドメイン
http://www.svdb.info
サブサブ

上の例でいうと、svdb は info のサブドメイン、www は svdb のサブドメイン、という事になります。

ただレンタルサーバーのサブドメインと言えば以下のような形式のみを指します。

レンタルサーバーでのサブドメイン形式のサイトアドレス
http://好きな名前.svdb.info
サブドメイン ┘└ 自分の独自ドメイン

ドメインのすぐ左、つまり本来 www が入る場所に好きな名前(例:abc)を付けたものがレンタルサーバーのサブドメインです。


もし複数のサブドメインの作成が許可されていれば、通常サブドメインを作成した数だけ別々のホームページ公開用フォルダが作成されるので、それぞれ異なる内容のウェブサイトを公開できます。

http://www.svdb.info ⇒でサイトを公開!
↑独自ドメインを利用する場合、これが標準のURLとなります。
↓加えて以下のようなサブドメイン形式のURLも利用できます。
http://blog.svdb.info ⇒で別のサイトを公開!
http://picture.svdb.info ⇒で別のサイトを公開!
http://movie.svdb.info ⇒で別のサイトを公開!

複数サイトの運営を考えた場合、サブドメイン形式のURLでは独自ドメインを1個持っているだけで済むので、複数ドメインと比べるとドメイン料金の節約になります。

ちなみにサブドメイン形式のURLはGoogle検索において、独自ドメインのURLと同様に独立したサイトとして認識され、ディレクトリ形式(スラッシュでぶら下がる形)のように検索結果が制限される事はありません。


またレンタルサーバーによってはサブドメインを使ったメールアドレスも利用できます。

レンタルサーバーでのサブドメイン形式のメールアドレス
アカウント名@好きな名前.svdb.info
サブドメイン ┘└ 自分の独自ドメイン

通常のメールアカウントと同じように利用できます。


サブドメインを利用できるレンタルサーバーでは多くの場合 追加料金なしで利用できますが、業者ごとに作成できるサブドメイン数に違いがあります。

私も利用している以下のレンタルサーバーのようにサブドメインを無制限に作成できる業者もあります。

エックスサーバー (サブドメイン作成無制限)

この他にもサブドメインが使えるレンタルサーバーは数多くあります。

⇒ サブドメインが使えるレンタルサーバー

≪注意≫
レンタルサーバーでのサブドメイン利用においては、レンタルサーバー業者所有ドメインを使ったサブドメインが利用できるケースがあります。しかし、それではドメイン自体が自分の持ち物ではないので、レンタルサーバーを変更すると、そのサブドメインは使えなくなります。

自分の独自ドメインさえ利用できれば回避できる問題なので、レンタルサーバーを選ぶ時は、しっかりチェックしておきましょう。

→ サブドメイン
- レンタルサーバー検索 -
■ディスク容量:
MB以上
※1GB=1000MB
■メールアカウント:
個以上
※「999」=無制限で検索
■初期設定料金:
円以下
※カンマを入力せずに
■月額料金:
円以下
■初年度料金:
円以下
■2年目以降料金:
円以下


無料お試し期間がある
独自ドメインが使える
複数ドメインが使える
サブドメインが使える
MovableTypeが使える
WordPressが使える
MySQLが使える
PostgreSQLが使える
Perl が使える
PHPが使える
.htaccessが使える
ImageMagickが使える
SSHが使える
転送量の制限値を明記
ウィルスメール駆除がある
迷惑メールフィルタがある
メール転送機能が使える
自動返信メールが使える
ウェブメールが使える
メーリングリストが使える
銀行払い
クレジットカード払い
コンビニ払い
郵便局払い
メールサポート
電話サポート
FAXサポート
チャットサポート
・サーバー種別 :
共用 仮想専用 指定無
・サーバーOS :
UNIX Win 指定無
・サーバー設置場所 :
国内 海外 指定無
レンタルサーバーDB検索 > 用語集 > サブドメイン ↑先頭