レンタルサーバーDB検索 > 用語集 > サーバー設置場所

サーバー設置場所

最初に断っておくと、このサイトの閲覧者として日本在住者を勝手に想定しているので、海外設置サーバーは現状でほとんど掲載していません。このチェックボックスは試験的に付けているだけで、あまり意味はありません。

サーバー設置場所としては日本国内設置でIDC(データセンター)に置かれているのが最も多い形態です。

レンタルサーバーによっては海外(主にアメリカ)にサーバーを置いてある場合があります。この場合サーバーがアメリカ国内のインターネット網にまず繋がって、そこから太平洋(海底ケーブル)を渡って日本国内に至るわけです。

電気信号自体は秒速30万kmなので(1秒間に地球を7周半!)、単純な距離が問題なのではありません!

あくまで自分がサイトを立ち上げた時に、そのサイトの訪問者が主に何処に住んでいるのか?という話です。日本在住者が多いと思われるならば、日本国内にサーバーがあった方が到達ルートが近くなるので介在するルーター数が少なくなり、問題が途中で起こる確率が減ります。

あくまで確率の問題ですが、海外にサーバーがある事による特別なメリットはありませんので、国内設置サーバーを選んでおけば良いでしょう。


次にサーバーを設置する施設として、ほとんどのレンタルサーバーがIDC(データセンター)と呼ばれるサーバー運用に最適化された施設を利用しています。セキュリティ対策が施され、インターネットに接続するための専用通信回線も安価に提供されているので多くのレンタルサーバー会社が利用しています。

もっともデータセンターと言っても施設やサービス、コストに違いがあります。中には日本品質保証機構(JQA)の認定を受けているような信頼性のあるデータセンターもあります。

しかし多くのレンタルサーバーのサイトでは、どのデータセンターを使っているかまでは掲載していません。仮に判ったところで通信事業者でもない限りその違いは判らないと思います。

あくまで気休めにデータセンターを利用している事を確認しておく程度でいいでしょう。

→ サーバー設置場所
- レンタルサーバー検索 -
■ディスク容量:
MB以上
※1GB=1000MB
■メールアカウント:
個以上
※「999」=無制限で検索
■初期設定料金:
円以下
※カンマを入力せずに
■月額料金:
円以下
■初年度料金:
円以下
■2年目以降料金:
円以下


無料お試し期間がある
独自ドメインが使える
複数ドメインが使える
サブドメインが使える
MovableTypeが使える
WordPressが使える
MySQLが使える
PostgreSQLが使える
Perl が使える
PHPが使える
.htaccessが使える
ImageMagickが使える
SSHが使える
転送量の制限値を明記
ウィルスメール駆除がある
迷惑メールフィルタがある
メール転送機能が使える
自動返信メールが使える
ウェブメールが使える
メーリングリストが使える
銀行払い
クレジットカード払い
コンビニ払い
郵便局払い
メールサポート
電話サポート
FAXサポート
チャットサポート
・サーバー種別 :
共用 仮想専用 指定無
・サーバーOS :
UNIX Win 指定無
・サーバー設置場所 :
国内 海外 指定無
レンタルサーバーDB検索 > 用語集 > サーバー設置場所 ↑先頭