レンタルサーバーDB検索 > レンタルサーバーTips > レンタルサーバーでの転送量の計算方法

レンタルサーバーでの転送量の計算方法

レンタルサーバーには必ずデータ転送量の制限があります。ここでは実際の転送量の計算方法について考えてみます。

※転送量無制限のレンタルサーバーなど存在しません!それについては後述。

尚、レンタルサーバー業者の多くは月毎に転送量の制限値を設定しているので、それにならって月間の転送量を計算してみます。

テキスト中心のページを20KB、画像(写真)を紹介するページを200KBと仮定して計算していきます。(このへんの仮定は自分でファイルを作ってみると一番わかりやすいでしょう。)

まずテキスト中心の20KBのページに1日1,000アクセス、これが30日続くと以下のようになります。

20KB×1,000アクセス×30日=600,000KB(600MB)

これは1ページだけの転送量なので、もしサイト全体で考えるなら当然ページ数に比例して増えます。仮に10ページに1,000アクセスなら単純に10倍の転送量(6GB)になります。


次に画像(写真)を紹介する200KBのページに1日1,000アクセス、これが30日続くと以下のようになります。

200KB×1,000アクセス×30日=6,000,000KB(6,000MB = 6GB)

これは1ページだけの転送量です。仮に10ページに1,000アクセスなら単純に10倍の転送量(60GB)になります。


このように計算方法は極めて単純なものですが、自分がサイトを作ったときに実際にどれくらいの転送量があるのか?というのを事前に把握する事はできません。今回例を出した計算にしても分かりやすさを考慮したとは言え、10ページに均等に1,000アクセスなんて現実にはないでしょう。

とは言え事前にできる事はおおよその予想を立ててレンタルサーバー選びの目安にする事ぐらいです。

面倒だから転送量が"無制限"のレンタルサーバーを探そうと思うかもしれませんがそれは絶対に無理です。

転送量無制限はウソ!

世界中の何処を探しても転送量が"無制限"に使えるレンタルサーバーなどありません!

サーバー会社が用意するネット接続回線(バックボーン)の容量は無限ではありません。そうである以上は転送量制限を設けるのは当然です。特に共用サーバーの場合1人のユーザーだけがアクセス数過多により、高負荷をかけ続けるような利用はサーバーの構成上できません。

よくレンタルサーバーのサイトで 「 転送量無制限 」 と表記している場合がありますが、これは非常に誤解を招く表現です。はっきり言うとこれは転送量課金がないという意味でしかなく、断じて転送量無制限という意味ではありません。

つまり無制限と表記している業者でも転送量の制限が確実にあるわけです。そして制限値を超過するような利用があると注意の後、それでも改善が見込めなければ契約解除を通告してきます。理不尽と思うかもしれませんが規約を読めば全く反論できない文言が必ず明記されている筈です。

このような理由から転送量に対する認識がいい加減なままレンタルサーバーを契約してしまうと、最悪の場合 他のレンタルサーバーに移転せざるを得なくなります。

以上を考慮すると、転送量については制限値を明記している業者の方が信頼できると言えるでしょう。

レンタルサーバーを選ぶ際には、

「どれくらいのファイルサイズのページに対して、どれくらいのアクセス数があれば、どれくらいの転送量になるのか?」

を事前にしっかり把握しておく事がなにより重要です。

当サイトのデータベースでは各レンタルサーバーの転送量制限を紹介するのに、制限値を明記するか、もしくは"明記なし"と表記しています。

"明記なし"と紹介しているレンタルサーバーでも多くの場合、本サイト上では転送量を"無制限"とうたっています。しかし既に説明したとおり無制限はあり得ません。無制限をうたっていても制限は確実に存在しますので、誤解を与えない為に"無制限"という表記は控えています。

⇒ 転送量の制限値を明記しているレンタルサーバー

- レンタルサーバー検索 -
■ディスク容量:
MB以上
※1GB=1000MB
■メールアカウント:
個以上
※「999」=無制限で検索
■初期設定料金:
円以下
※カンマを入力せずに
■月額料金:
円以下
■初年度料金:
円以下
■2年目以降料金:
円以下


無料お試し期間がある
独自ドメインが使える
複数ドメインが使える
サブドメインが使える
MovableTypeが使える
WordPressが使える
MySQLが使える
PostgreSQLが使える
Perl が使える
PHPが使える
.htaccessが使える
ImageMagickが使える
SSHが使える
転送量の制限値を明記
ウィルスメール駆除がある
迷惑メールフィルタがある
メール転送機能が使える
自動返信メールが使える
ウェブメールが使える
メーリングリストが使える
銀行払い
クレジットカード払い
コンビニ払い
郵便局払い
メールサポート
電話サポート
FAXサポート
チャットサポート
・サーバー種別 :
共用 仮想専用 指定無
・サーバーOS :
UNIX Win 指定無
・サーバー設置場所 :
国内 海外 指定無
レンタルサーバーDB検索 > レンタルサーバーTips > レンタルサーバーでの転送量の計算方法 ↑先頭