レンタルサーバーDB検索 > レンタルサーバーTips > レンタルサーバーでの料金体系

レンタルサーバーでの料金体系

レンタルサーバーに掛かる料金の内訳は以下のとおりです。

サーバー初期設定料金(初回だけ)
月額料金(年払いのみの業者もある)
※レンタルサーバー業者で独自ドメインを取得した場合は独自ドメイン料金も必要です。

例えば独自ドメインをドメイン取得業者で取得済みの場合、初年度のレンタルサーバー料金は以下のようになります。

▼初年度料金
月額料金×12 + サーバー初期設定料金

初期設定料金は初回に1回払うだけなので、2年目以降は月額料金のみを毎月払っていく事になります。2年目以降の年度毎の料金は以下のようになります。

▼2年目以降料金
月額料金×12

多くのレンタルサーバーでは月毎の契約の他に年契約が用意されており、年契約すると月額換算で割り引かれるケースがあります。

レンタルサーバー契約は一般的に長期に渡る傾向がある為、年契約した時の料金を知りたい場合もあるかと思います。

当データベースでは分かりやすさを考慮して、初年度、2年目以降ともに年契約した場合の料金を掲載していますが、最初の契約時にいきなり年契約するケースは少ないでしょう。短めの契約からスタートして、適当なところで年契約に切り替える事が多くなると思われます。

その場合は「2年目以降」の入力欄を利用すれば初期費用を抜いた年契約料金が分かるようになっています。

つまり長期利用における永続的なランニングコストを知りたい場合は「2年目以降」の欄がその回答になります。

⇒ 2年目以降を年額5千円以下で使えるレンタルサーバー
⇒ 2年目以降を年額1万円以下で使えるレンタルサーバー
⇒ 2年目以降を年額2万円以下で使えるレンタルサーバー
⇒ 2年目以降を年額3万円以下で使えるレンタルサーバー

→ レンタルサーバーでの料金体系
- レンタルサーバー検索 -
■ディスク容量:
MB以上
※1GB=1000MB
■メールアカウント:
個以上
※「999」=無制限で検索
■初期設定料金:
円以下
※カンマを入力せずに
■月額料金:
円以下
■初年度料金:
円以下
■2年目以降料金:
円以下


無料お試し期間がある
独自ドメインが使える
複数ドメインが使える
サブドメインが使える
MovableTypeが使える
WordPressが使える
MySQLが使える
PostgreSQLが使える
Perl が使える
PHPが使える
.htaccessが使える
ImageMagickが使える
SSHが使える
転送量の制限値を明記
ウィルスメール駆除がある
迷惑メールフィルタがある
メール転送機能が使える
自動返信メールが使える
ウェブメールが使える
メーリングリストが使える
銀行払い
クレジットカード払い
コンビニ払い
郵便局払い
メールサポート
電話サポート
FAXサポート
チャットサポート
・サーバー種別 :
共用 仮想専用 指定無
・サーバーOS :
UNIX Win 指定無
・サーバー設置場所 :
国内 海外 指定無
レンタルサーバーDB検索 > レンタルサーバーTips > レンタルサーバーでの料金体系 ↑先頭