レンタルサーバーDB検索 > レンタルサーバーTips > 共用サーバーでは制限があるのは当たり前です!

共用サーバーでは制限があるのは当たり前です!

レンタルサーバーの需要の大半を占める共用サーバーは、月額数百円程度の低料金から利用できるので最も需要が多く、サーバーの設定などは業者まかせで良いので初心者でも安心して利用できます。

しかし低料金と引き替えに自由に何でもできる環境とはなっていません!

共用サーバーはその名のとおり複数のユーザーがひとつのサーバーを共用しています。共用人数はレンタルサーバー会社毎に違いますが、だいたい100人~200人がひとつのサーバーに同居しています。

共用サーバーでは複数ユーザーと同居しています!

専用サーバーと違い複数のユーザーが同じサーバー内に同居している為に、異常にサーバー負荷を掛けるユーザーが1人でもいると全員に影響が及んでしまいます。物理的なサーバーマシンや接続回線を他のユーザーと共用している以上これは避けられません。

このため例外なく全てのレンタルサーバーでデータ転送量やCGIの利用に制限を設けています。

これらが無制限というのはサーバーの構成上あり得ません。多くの人は目を通しませんが、どんなレンタルサーバーでも、規約を読めば必ず制限事項が明記してあります。

もしサーバー全体のレスポンスに悪影響を与えるような使い方をした場合は、警告の後、利用状況に改善が見込めなければ強制的にアカウント停止となります。同じくこの事が規約に書いてある筈です。

以上の事から、制限事項を "誰でも目に付くところ" に明記してあるレンタルサーバーの方が信頼度は増します。

何ができて何ができないか、がはっきり判ればウェブサイトの運営計画もスムースに運ぶでしょう。レンタルサーバー会社のサイトを見る場合は、甘言に惑わされずこのへんをしっかりチェックしておきましょう。

→ 共用サーバーでは制限があるのは当たり前です!
- レンタルサーバー検索 -
■ディスク容量:
MB以上
※1GB=1000MB
■メールアカウント:
個以上
※「999」=無制限で検索
■初期設定料金:
円以下
※カンマを入力せずに
■月額料金:
円以下
■初年度料金:
円以下
■2年目以降料金:
円以下


無料お試し期間がある
独自ドメインが使える
複数ドメインが使える
サブドメインが使える
MovableTypeが使える
WordPressが使える
MySQLが使える
PostgreSQLが使える
Perl が使える
PHPが使える
.htaccessが使える
ImageMagickが使える
SSHが使える
転送量の制限値を明記
ウィルスメール駆除がある
迷惑メールフィルタがある
メール転送機能が使える
自動返信メールが使える
ウェブメールが使える
メーリングリストが使える
銀行払い
クレジットカード払い
コンビニ払い
郵便局払い
メールサポート
電話サポート
FAXサポート
チャットサポート
・サーバー種別 :
共用 仮想専用 指定無
・サーバーOS :
UNIX Win 指定無
・サーバー設置場所 :
国内 海外 指定無
レンタルサーバーDB検索 > レンタルサーバーTips > 共用サーバーでは制限があるのは当たり前です! ↑先頭